パソコン周辺を改善してコーディングが快適になった

By | 2014年2月19日

前回の記事でも書いたように、今までは大半の時間を客先で過ごしていたため、現場で支給されるパソコン類を使用して開発していました。そして、自社支給のパソコンはMacBook Airです。元々はWindowsしか使ったことがなかったのですが、iOSアプリの開発に必要だったためにMacを選びました。MBAやMBPに付いているトラックパッドは非常に気に入っていて、様々なジェスチャーで操作できる快適さはWindowsのそれとは違って素晴らしい入力装置だと思います。しかし、いざコーディングに集中しようとするといろいろなことを改善したくなり、普段接するインタフェースを中心に手を入れてみました。

キーボード: Happy Hacking Keyboard Professional2

1911421_10203010481245013_1074887223_o_Fotor

今月から自社作業がメインとなったので、これまではあまり気にかけていなかったパソコン周りを快適にしようと、少しずつ改善してきました。最初はやはりキーボード、仕事をする上で一番長い時間接しているインタフェースを変えるためHappy Hacking Keyboard Professional2を選びました。東プレRealforceや比較的安価なFilco Majestouchなども検討しましたが、試打したときの感触はHHKBが好みでした。また、会社の数名がHHKBを利用していたので、その影響も大きかったです。

モニターアーム: Ergotron LX デスクマウントアーム

1479105_10202479809258545_119678227_o_Fotor

個人のデスクを広く使いたいということでモニターアームを一括購入することになり、どうせ買うならエルゴトロンがいいということで全員分のモニターアームを購入しました。ZEALOTでは原則的に支給するパソコンはMBAかMBPなので、外部ディスプレイ出力は1つです。ということで1台のLCDディスプレイが付けられるタイプのものです。

これまでもモニターアームには憧れていたものの、それほど重要性を感じていなかったこともあり、導入するのは初めてのことでした。しかし、実際付けてみると思っていた以上にデスクを有効に使え、ディスプレイの移動(チルト・パン)範囲がとても広いのでしっくりくる場所に持ってこられることに感動しました。

マウス: Kensington SlimBlade Trackball

外付けのキーボード、そして外部ディスプレイを使うことになったので、マウスも必要です。MBP本体のTrackpadを使えないこともないですが、私はクラムシェルモード(本体を閉じた状態で外部ディスプレイを使用)を利用しているので、それもできません。そこで、だいぶ前に衝動的に買ったMagic Trackpadを接続してしばらく使っていました。当然ですが、MBPについているTrackpadと操作性は変わりません。…が、どうも馴染まないのです。大きな理由は2つあり、1つは大きすぎること。MBPのTrackpadに慣れすぎているせいかもしれませんが、Magic Trackpadは倍くらいの面積があるのでとても扱いづらい感覚があります。そしてもうひとつはクリック。Magic Trackpad全体が沈み込むような機構が好きになれません。ここ数週間くらいはそれを使ってきましたが、慣れないせいか異常に肩がこって辛くなってきました。

プログラマに好まれるマウスはいろいろあるものの、その中でも評価の高いKensington SlimBlade Trackballを買うに至りました。これも実は会社のメンバーが愛用していて、数日拝借して使ってみたことがあります。最初慣れるのに時間がかかりましたが、2日目くらいにはかなり快適に使えるようになりました。特にボールを回してスクロールするのはとてもユニークな仕組みである反面、一度慣れてしまうとやみつきになる感じがしました。また、他のトラックボール製品に比べてボールが大きいことと重量感があることで、手元が安定するのも高評価です。

ということで、以上3つを改善できたので、バリバリコーディングに励みたいと思います。

1966596_10203010889855228_827718922_o_Fotor